1. >
  2. 返済額の決まり方

返済額の決まり方

リボルビング払いで借りたお金を返済していくとき、毎月の返済額はどういう風に決まるのでしょう。

元利定額リボルビング払いの場合は、元金の返済分と利息の支払い分を足した金額が返済額になります。

元金定額リボルビング払いの場合は、毎月定額の元金返済分と借入残高に応じた利息の支払い分を足した金額が毎月の返済額になります。

また、残高スライドリボルビング払いを採用している金融機関や消費者金融もあります。

この方式は、借入残高の金額で返済額を決めているものです。

例えば、借入残高が30万円あるときの返済額は月々15000円で、借入残高が20万円になると返済額は月々10000円になるというものです。

カードローンとキャシングの違い

給料日まであと数日あるのに、財布の中は小銭だけ。

そんなとき、利用したくなるのがキャッシングですね。

キャッシングは消費者金融から一時的にお金を借りることです。

返済は翌月一括払いで、借りた金額とそれに対する利息を支払います。

それでは、カードローンはどういうものでしょう。

カードローンは銀行などの金融機関が提供している個人向けの無担保ローンです。

収入などから借入限度額が決められ、その限度額内なら何回でもお金を借りることができます。

基本的に、返済は分割払いになっています。

消費者金融の方が金利が高い理由

消費者金融には様々な人がお金を借りにきます。

給料日まで一時的に借りて、翌月にはきちんと返済をする人もいれば、銀行の審査に落ちてきた人もいます。

すぐにでもお金が入用なのに、審査に長い時間をかけられるのは困る人もいます。

消費者金融は審査に要する時間が短時間で、銀行に比べると審査基準も若干緩めになっています。

その分お金は借りやすいのですが、消費者金融にとっては貸したお金が回収不能になるリスクが高くなります。

その為、金利を高くすることでリスクをカバーし、大きな損失を被らないようにしているのです。