1. >
  2. おまとめローンのメリットは?デメリットは?

おまとめローンのメリットは?デメリットは?

おまとめローンは金利の高い貸金業者からの借入れを清算するために、金利の低い銀行や消費者金融などから借入れを行います。

金利が低くなった分、毎月の借金返済額が少なくてすみます。

そして、おまとめローンで一本化することで、複数の業者へ返済する煩わしさから解放されます。

任意整理をしたわけではないので、信用情報に金融事故の汚点がつくことはありません。

メリットが多いおまとめローンですが、デメリットもあります。

毎月の返済額は減りますが、その分返済にかかる期間が長期に渡り、借金の返済総額は増えてしまうことになります。

また、おまとめローンを組んだ後で、新規に借入れることはまず不可能でしょう。

借り換えローンについて

ローンを借り換えるという話を聞いたことがある人は多いでしょう。

特に住宅ローンではよくある話のようですね。

そもそも、借り換えローンというのはどういうものでしょうか。

カードローンで例えるなら、今契約している金融機関のカードローンから他社のカードローンへと換えることをいいます。

借り換えをする順番としては、他社のカードローンを契約し、その借入れ金で、現在のカードローンの借入れ金を一括返済します。

おまとめローンは多重債務を一本化するのに使われますが、借り換えローンはカードローンを別のカードローンに換えるだけです。

借り換えローンのメリットは?デメリットは?

現在契約しているカードローンを、他社のカードローンに借り換えるのは良いことなのでしょうか。

カードローンの借り換えを検討している人なら、即座に答えが返ってきそうですね。

それは金利の問題です。

最初に契約したカードローンの金利より、低い金利のカードローンがあれば借り換えをしたいですね。

金利が下がれば、それだけ金融機関に支払う利息は少なくてすみますから。

しかし、借り換えのための審査は時間がかかります。

それに、申込みの検討をした時点での金利が、契約時点では上がっている可能性があるのがデメリットといえます。